診療時間

診療時間
 休診日 
毎週木曜日、第2.4日曜日、祝日、振替休日
 手術 
9:00~18:00 ※予約制
 エステ・脱毛 
平日10:00~18:30

土曜日9:00~17:30 予約制
 初診受付 
診療時間終了の30分前まで

ボツリヌス療法(保険適用外)

ボツリヌス療法は、ボツリヌス菌がつくる天然のタンパク質を有効成分とするお薬を注射する治療法です。交感神経から伝達される汗を出す信号をブロックし、過剰な発汗を抑えます。

夏の汗をよくかく季節を乗り切りたい、結婚式などの一時期に汗を止めたいという方に適した治療です。当院では予約なしですぐできる治療法です。

当院で使用している製剤


当院では日本厚生労働省と米国FDAの承認を受けているアラガン社のボツリヌストキシン製剤を使用しています。抗体を作りにくく安定した効果が期待できるボツリヌス製剤です。 

ボツリヌス療法の特徴

外来で手軽にできる

注射をするのみですので、皮膚にはほぼ傷がつきません。治療時間は約10分

ダウンタイムがない

生活に支障が出ることはありません

効果は一時的である

注射の効果は平均で6ヶ月でなくなるので繰り返しの治療が必要です


こんな方に

脇・手のひら・足の裏・頭部の多汗症でお悩みの方

  • 服に汗染みができて人目が気になる
  • 臭いが気になる
  • 周囲の目が気になって学業(仕事)に集中できない
  • 緊張すると汗が出はじめ、意識するともっと出る


治療の流れ

カウンセリング(予約不要)

予約不要です。診察時間内に受付にお越しください。無料カウンセリングで治療法の内容、他の治療法との比較、料金など詳しく説明します。

治療

治療法

ご希望であればすぐ治療できます。治療時間は約15分程度です。

脇の皮下に細い針でボトックスを注射します。できるだけ痛くないように患部を冷却し細い針で注射します。


※重度原発性腋窩多汗症と診断された方は総合病院等に紹介します(保険適用)

治療による効果

発汗を抑える効果は通常、治療後2〜3日であらわれ約4〜9ヶ月持続します。効果の程度や持続期間には個人差があります。完治を目指す治療法ではありませんので、症状が再びあらわれたときには改めて治療を行います。

考えられるリスク・副作用

注射後、稀に次のような副作用を生じることがあります。多くは一時的なものですが、程度が強い場合など気になるときは医師にご相談ください。

  • 注射部位が赤くなる・腫れる・痛む
  • からだがだるい
  • ワキ以外の部位で汗が増えた

治療ができない、もしくは注意の必要な方

  • ボツリヌストキシン製剤に対してアレルギーをお持ちの方
  • 妊娠中、授乳中の方

治療料金

両 脇 50,000円
両 手 70,000円
70,000円


注射に関するよくある質問

Q1. ボツリヌス菌に感染する心配はありますか?

A1. 使用するのはボツリヌス菌がつくるタンパク質から精製された薬であり、ボツリヌス菌そのものを注射するわけではありませんので感染の心配はありません。

Q2. ボトックスで中毒症状が出ることはありませんか?

A2. 医療用に安全性を確認した製剤ですので、危険性はありません。

Q3. 保険適用になるのはどのような場合ですか?

A3. 原発性腋窩多汗症という日常生活に常に支障が出る重度の脇の多汗症は2012年に保険適用が認められています。当院では保険適用のボトックス注射は行っておりません。詳しくは医師にご相談ください。
なお、ワキガ治療や手や頭などの多汗症に対してのボツリヌス注射は保険適用されません。