診療時間

診療時間
 休診日 
毎週木曜日、第2.4日曜日、祝日、振替休日
 手術 
9:00~18:00 ※予約制
 エステ・脱毛 
平日10:00~18:30、土曜日9:00~17:30 予約制
 初診受付 
診療時間終了の30分前まで

切らないワキガ治療(自由診療)

多汗症を治療することを目的として厚生労働省より承認を得た切らないワキガ治療を使用しています。
マイクロ波による多汗症の原因となる汗腺を破壊するワキガ治療です。

マイクロ波とは?

マイクロ波の最も身近な例としては電子の振動で食べ物や飲み物を温める電子レンジがあります。組織の分子を振動させて熱変化を起こす原理は、医療分野としては肝臓がんや膀胱がんなどの腫瘍の治療としてすでに広く応用されています。切らないワキガ治療は初めてこの技術をワキガ、多汗症の治療に応用した医療法です。

特徴

切らない(非侵襲的)

切開や剥離をしないため、出血、内出血、皮膚壊死などのリスクがありません。

傷がつかない

皮膚の切開や穿刺をしないので、傷が残らず脇を出す季節も安心です。

永久的な効果

外科的手術と同じ効果が期待できます。

動きの制限がない

仕事や通学、運動に支障がほとんどありません。

ダウンタイムが少ない

術後の固定が不要のため、日常生活に支障がでません。治療後から普通の服装ができ、当日からシャワー、翌日から入浴が可能です。

1

 1  マイクロ波を利用して、ワキガ・多汗症を治療します。
マイクロ波は(水分子)に選択的に吸収されてエネルギーが熱に変換されます。
マイクロ波加熱は、熱伝導や対流に左右されることなく、かつ急速で均一に加熱されるという特徴があります。切らないワキガ治療は水分の多い汗腺をターゲットとして、エネルギーを集中させて、汗腺以外への影響を最小限に抑えます。

2

 2  皮膚表面を冷却し抵抗を減らしながらエネルギーを効率良く深部に到達させます。

3

 3  汗腺が存在する真皮と皮下脂肪の境界部分にエネルギーが蓄積し、汗腺を確実に破壊します。

切らないワキガ治療は熱の及ぶ深さと 照射幅を最適化するように設計されています。

4

 4  マイクロ派の照射に続いてさらに皮膚層を冷却し、皮膚のダメージを防ぎます。

治療の流れ

カウンセリング(予約不要)

無料カウンセリングで治療法の内容、他の治療法との比較などについて詳しくお話します。
治療ご希望の場合は感染症を調べる血液検査を行い予約をしていただきます。

治療前日

治療前日に脇毛を剃ってください。

治療当日

治療後そのまま帰宅していただけます。包帯固定をする必要がありませんので、着用する服装に制限はありません。


治療法(約1時間)

STEP1 施術箇所のマーキング

STEP1 施術箇所のマーキング
わきのサイズ、発汗する場所、体毛の位置にマーキングをします。

STEP2 局所麻酔

STEP2 局所麻酔

わきの複数箇所へ麻酔を注射します。
およそ10分ほどで効果が現れます。

STEP3 照射

STEP3 ミラドライ照射

片側約20分ほどが目安となっています。
麻酔と冷却機能により痛みを感じることはほとんどなく、ワキガ・多汗症の原因である汗腺を治療していきます。

STEP4 治療後

約15分間患部をクーリングして帰っていただきます。
入院 必要ありません。
固定 包帯、固定は不要です。
衣服はいつも通りの服装で問題ありません。
痛み 治療部に鈍痛を感じたり、腕にしびれやピリピリ感を感じたりすることがあります。腫れと痛み防止の薬を処方しますので必要に応じて服用してください。
経過・腫れ 術後1~2日後より、治療部位に腫れが生じます。腫れは徐々に引いていきます。1週間後ではまだ凹凸や軽いしびれが残っている場合もありますが、1~2ヶ月で徐々になくなります。
麻酔注射による小さな跡や、吸引による内出血の跡が数日残る場合があります。
シャワー・入浴 当日はシャワー程度にとどめてください。石鹸は使用してもかまいませんが、刺激の少ないものを使用してこすらないでください。入浴は翌日より可能。
通院 原則、術後7日目、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後
仕事・通学・運動 一般的な生活での制限はありませんが、1週間程度は過度の運動は避けてください。通常の仕事や通学に支障はありません。

治療回数・効果

効果は治療直後から実感していただけます。
施術で破壊された汗腺は基本的に再生しませんので、外科的手術と同じく長期間の効果が期待できます。

米国FDA承認での治験では、レベル1で12か月後に70%の有効率が報告されており、当院ではレベル5で施術を行っています。
(設定ではレベル5が最強)

治療できない、もしくは注意の必要な方

【警告】
原発性腋窩多汗症の診断にあたっては、最新の原発性局所多汗症診療ガイドラインに従うこと。[多汗症の診断や重症度の判定、発汗部位の特定を誤ると、リスク・ベネフィットのバランスを保つことが困難となる]

【禁忌・禁止】
適用対象(患者)

  1. 以下の患者には適用しないこと。
    • ペースメーカ又は他の電子機器が体内に埋め込まれている患者[埋込み型医用電子機器に誤作動を招き、重大事故につながる可能性がある]
    • 腋窩付近に金属製のインプラント等が埋め込まれている、又は刺青のある患者[埋め込んだ金属が発熱し熱傷をおこすことがある]
    • 治療部位に悪性腫瘍、又は皮膚悪性腫瘍がある患者[悪性腫瘍の活性化の懸念がある]

使用方法

  1. 水溶性以外の潤滑剤(超音波ジェル又はIPLレーザジェル等)を使用しないこと[バイオチップの吸引孔に潤滑剤がつまり、皮膚が十分に吸引されずに熱傷をおこすことがある]
  2. 酸素又は麻酔を含めた可燃性ガスの周辺で本品を作動させないこと[マイクロ波が発火原因となり火災、熱傷の危険性がある]
  3. 腋窩以外の多汗症発症部位には使用しないこと[合併症である代償性発汗が生じた部位等に対する使用は、有効性及び安全性が確立されておらず、重篤な不具合、有害事象が発現するおそれがある]

※詳しくは添付文書をご参照ください

副作用・後遺症・有害事象

<重大な有害事象>
3度熱傷(不適切な潤滑剤使用による熱傷)、3度熱傷(不適切な使用方法による熱傷)、上腕三頭筋の筋力低下を伴う橈骨神経の損傷

<その他の有害事象>
膿瘍、手から肘にかける違和感、1度熱傷(不適切な潤滑剤使用による熱傷)、1度熱傷(原因不明)、2度熱傷(不適切な潤滑剤使用による熱傷)、2度熱傷(浅達性・原因不明)、2度熱傷、慢性嚢胞、感染、壊死、水疱と神経の影響を伴う掌の治療(適応外使用)、血栓性静脈炎、潰瘍、腕又は指の脱力、代償性発汗、治療肢のしびれ感、ピリピリ感、疼痛/圧痛/刺激感、治療肢のリンパ浮腫、水疱、発疹、皮膚炎、腋窩の小腫瘤又は小結節、24時間超の治療肢での皮膚の感覚変化、上腕又は胸部の腫脹、吸引痕、浮腫、注射部位の内出血又は出血、麻酔に起因する治療部位の一過性のしびれ感、手技の姿勢に起因する刺激感又は不快感、麻酔が切れた後の治療部位のしびれ感/ピリピリ感/過敏症、その他内出血、皮膚のつっぱり感

※詳しくは添付文書をご参照ください

起こり得る副作用と対処方法

以下のような副作用が出る可能性があります。

<重大な副作用>
■ 局所麻酔(エピネフリンを伴うリドカイン)によるアナフィラキシーショック
 ※ 局所麻酔の既往、問題の有無を事前に確認してください。
■ 3度熱傷
 ※ 不適切な潤滑剤使用によるもの、不適切な治療方法によるもの
■ 上腕三頭筋の筋力低下を伴う橈骨神経の損傷
 ※ 過剰なエネルギーでの照射、ツーメセント混合液の注入不足によるもの

<その他の副作用> ※青字については、通常の経過で良くみられる症状です。

症状持続期間の目安主な対処法
治療部位の浮腫1~8週間経過観察
治療部位の疼痛や圧痛2~3週間消炎鎮痛剤の内服
冷却
治療部位やその周囲の感覚の変化1~12週間経過観察
吸引による赤み数日間ヒルドイドローションの塗布
注射による皮下出血数日間経過観察
治療部位の一時的な隆起や硬化4~6週間経過観察
麻酔液が浸潤することによる腕、もしくは側胸部の腫脹1週間経過観察
治療部位の硬化
*タイトバンド(すじ状の硬化)も含む
最大で8週間優しいマッサージやストレッチ
膿瘍2週間切開排膿・抗菌薬
感染1週間抗菌薬
腋窩の小腫瘤、又は小結節2ヶ月経過観察
治療肢(肘から手)の違和感(しびれ、刺激感など)数ヶ月経過観察
1度・2度熱傷2週間冷却
外用薬 創傷被覆
皮膚炎1週間外用薬
炎症性色素沈着3ヶ月経過観察
腕、又は指の脱力数ヶ月経過観察
代償性発汗経過観察

治療料金(税抜)

両側  ¥250,000
学生証提示 ¥225,000

※別途、消耗品代(検査代・薬代を含む)¥80,000かかります。

詳しくは治療法比較・費用をご覧ください。